9.9 C
Tokyo
Saturday, December 4, 2021

Bitfinexは、ExchangeユーザーがビットコインをSatsで命名できるようになりました

Must read

香港を拠点とするビットフィネックスは、交換プラットフォームで新しい「SATモード」機能を開始しました。

香港を拠点とするビットフィネックスは、取引所プラットフォームで新しい「SATモード」機能を開始しました。

この発表は、ビットフィネックスのユーザーがビットコインを最小のアカウント単位であるサトシと呼べるようにする機能の拡張と同時に行われます。 取引所はまた、「BITモード」を導入しました。これにより、クライアントは、100サトシの単位であるビット単位で預金を評価できます。

「サトシでのSATモードの開始は、ビットコインが最初に発明された精神を決して忘れない宇宙のパイオニアである交換に適しています」とビットフィネックスのCTO、パオロ・アルドイノは述べています。ステートメント。

ライトニングネットワークに精通しているほとんどのビットコイン担当者は、ビットコインに100百万のサトシがあることを知っています。

ビットコインの価格が上昇するにつれて、平均的なユーザーがビットコイン全体を購入することはますます高価になります。 より多くのライトニングネットワーク機能とより小さなアカウントユニットを有効にするために、ビットフィネックスなどのプラットフォームに対するニーズが高まっています。 SATモードとBITモードはどちらも、小規模なトランザクションを容易にするために使用されます。

Bitfinexは次のように書いています。「ビットコインの価値がほぼUS $40に増加したことを考えると、000出版の時点で、ビットコインをコーヒーの購入などの日常の購入に使用される単位に分解するために、ビットコイン所有者が追跡する必要があるのはサトシです。」

Paolo Ardoinoは、「これにより、ビットコインでのマイクロトランザクションが容易になり、最初のビットコインの購入に手を出している可能性のあるユーザーが、この驚くべきテクノロジーにさらに慣れることができるようになります。」

を目指して、ライトニングネットワークの流動性プールが拡大するとともに、satを標準のアカウント単位として宣伝するビットコインの大幅なシフト)スケールビットコイン自体。 ビットコイン業者は、標準のビットコインノードとは別に、複数のチャネルでライトニングノードを実行することが一般的になりつつあります。 ライトニングネットワークを成長させるためのビットコイナーによる最近の最も集中した取り組みは、Plebnetと呼ばれるグループによるものです。

spot_img

More articles

返事を書く

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください

spot_img

Latest article