今月初め、イーサリアムネームサービス(ENS)は、ENSコミュニティのために分散型自律組織(DAO)を形成しました

Cointelegraphは、コミュニティを代表し、意思決定プロセスに関与し続ける機会を申請した2人のENS DAO代表者、オープンソースのイーサリアムウォレットであるAlphaWalletのCEOであるVictorZhangに話を聞きました。 、および開発者向けの分散型IDおよびデータツールキットであるSpruceの共同創設者であるGregoryRocco。

Zhangは、ENSの外部貢献者および以降の初期のサポーターとしての彼の経験について話しました。 。 Zhangは当初、。eth名と暗号通貨ウォレットアドレスを解決するためのユーザーフレンドリーなツールとしてAlpha Walletを提供することにより、ENSを支援しようとしました。 基本的に、ユーザーがAlphaWalletに.eth名を入力すると、ウォレットアドレスが表示され、その逆も同様です。 AlphaWalletはENSアバターもサポートしています。

Zhang、@ Victorとしても知られています928、トップの1つです30最も投票権のある代表者。 張氏は、DAOにどのように貢献し続けるつもりかについて尋ねられたとき、次のように述べました。

現在の私の最大の懸念は投票権です。 2番目に大きな投票権は、大企業であるCoinbaseです。 ENSが常に公開グループであり、常に中立的なサービスであり、独自の利益のために単一の当事者によって影響を受けたり制御されたりしないようにする必要があります。」

関連している: ENSのオペレーションディレクターは、DAOベースのガバナンスは常に計画であったと述べています

ENSトークンのエアドロップ中100合計100万のENSトークンが配布されました。 その間 25%は.eth domansを持つユーザーに行き、別の25トークンの%は、「過去4年間にENSに多大な貢献をした」人々に割り当てられました。 その他50%はDAOコミュニティの財務に残っています。

外部寄稿者として、張を受け取りました、296。3トークン。 公開時点で、このトークン数は3ドルでした320、311。15。 張は27この正確な金額を受け取る貢献者。

張は、彼が「すべてを保持している」ことを確認しました。 私はトークンをキャッシュアウトしていません。 ENSが正しい方向に成長し続ける限り、競合他社は見当たりません。 つまり、投資として見た場合、その価値は現在の時価総額よりもはるかに大きいということです。」

空中投下の日、Brantly Millegan、別名「 ENSのオペレーションディレクターであるBrantly.ethは、ユーザーに与えられた「責任」についてツイートし、それがどのようになっているのかを追加しました分散型IDを「賢く」使用するためにENSコミュニティに。

SpruceのGregory Roccoは、分散型アイデンティティのこの概念についてCointelegraphと話し合いました。 彼は、EthereumまたはSIWEソフトウェアを使用した安全なサインインであるSpruceを開発しました。これは、ユーザーがデジタルIDを大企業に譲るのではなく、所有および管理できるようにするためです。

彼は、ウェブ2ユーザーに、新しいユーザーごとに個別のユーザー名とパスワードを作成して記憶する代わりに、それぞれのGmailまたはFacebookの詳細を使用してサードパーティのアプリやサービスにログインするオプションを提供するGoogle、Twitter、Facebookなどの大規模な集中型企業について言及しています。アカウント。

Roccoによると、これらの従来のログインでは、ユーザーIDを「最終的に制御」できます。また、Gmailを使用してサインインしたすべてのサービスにアクセスできなくなります。」

Ethereum FoundationとENSはこの問題を認識し、は、Oauthを使用してEthereumパッケージでサインインを作成するための提案のリクエストを発表しました。 スプルースは、9月に分散型IDの代替を提供するために選択されました。

SIWEの目標は、ユーザーが秘密鍵を所有することによって、またはRoccoが言うように、公開識別子を制御できるようにすることです。 SpruceのツールキットはブロックチェーンベースのIDを確立するだけでなく、ID、資産の所有権、およびDAOメンバーシップの検証可能な証明も可能にします。 これは、ユーザーがENSエコシステムに対して自分の価値を証明し、次のエアドロップの権利を獲得するために重要です。

代理人であるとどのように感じるかを尋ねられたとき、ロッコは次のように述べました。

「私は、ENSのすべてを把握し、参加してその社会契約を確立したいというこの動機を感じています。 私はENSの将来を信じており、ユーザー制御システムへの参加をサポートしています。 このパラダイムは、ユーザーがIDとデータをより細かく制御できるようにするための最初のステップです。」

IDを分散化することで、最終的にENS DAOが強化され、真に分散型の組織。 ZhangとRoccoはどちらも集団所有権の擁護者であり、Web3.0エコシステムでのENSの使用をさらに促進したいと考えています。

毎週水曜日に配信
Niftyニュースレターを購読してください
購読することにより、あなたは私たちの利用規約とプライバシーポリシー