金融サービスに関するハウス委員会の委員長であるMaxine Watersは、米国の主要な暗号通貨会社の最高経営責任者数名がデジタル資産と金融の将来について話し合うためのヒアリングで講演することを発表しました。

水曜日の発表によると、ウォーターズは言ったサークルCEOのジェレミー・アレール、FTXのCEOサム・バンクマン-フライド、ビットフューリーのCEOブライアンパクソスのCEOであるチャド・カスカリラ、ステラ開発財団のCEOであるデネル・ディクソン、そしてコインベース・インクのCEOであり、コインベース・グローバルの最高経営責任者であるアレシア・ハースは、12月8日に開催されるハウス委員会の完全なヒアリングで目撃します。 「デジタル資産と金融の未来:米国における金融イノベーションの課題と利点を理解する」と名付けられた、は、暗号資産を採用することの課題を探求する議会からの最新のものです。

米国議会議事堂の反対側では、上院銀行委員会のシェロッド・ブラウン委員長がいくつかの暗号通貨会社

に電話をかけましたステーブルコインの消費者と投資家の保護に関連する情報を公開する。 金曜日までに情報を要求するCoinbase、Gemini、Paxos、TrustToken、Binance.US、Circle、Center、およびTetherへの通知は、委員会が将来的にステーブルコインに関する公聴会を計画している可能性があることを示唆しています。

関連している: 米国議会は11月に「暗号の謎を解く」委員会の公聴会を計画しています17

ハウスと上院は以前、暗号通貨、ステーブルコイン、中央銀行のデジタル通貨、ブロックチェーンを取り巻く問題について話し合っていましたが、宇宙への主流の関心が高まるにつれて、立法者はテクノロジーにもっと注意を向けているようです。 11月、金融市場に関する大統領のワーキンググループは、ステーブルコインの発行者を示唆するレポートを作成しました。米国では、銀行と同様の「適切な連邦政府による監視」の対象となる必要があり、リスクに対処するために法律が「緊急に必要」でした。

毎週月曜日に配信
Law Decodedニュースレターを購読する

購読することにより、あなたは私たちのに同意します利用規約とプライバシーポリシー