0.9 C
Tokyo
Thursday, January 20, 2022

「私たちは暗号通貨のAWSになりたいです」とCoinbaseの幹部は言います

Must read

Amazon Web Services(AWS)は地球上で最も人気のあるクラウドサービスプロバイダーの1つであり、米国に拠点を置く暗号通貨取引所であるCoinbaseが、独自の開発によってその成功を利用しようとしているのは当然のことです。クラウドインフラストラクチャソリューション、Coinbase Cloud。

「私たちは暗号通貨のAWSになりたい」と述べたCoinbaseのチーフプロダクトオフィサーであるSurojit Chatterjeeフォーブスとのインタビュー。 「私たちは、開発者がアプリケーションをより速く構築するのを支援する暗号コンピューティングサービスと考えることができるこのCoinbaseCloud製品スイート全体を構築しています。」

Coinbase Cloudになる前は、このサービスはBison Trailsと呼ばれていました。これは、Coinbaseが今年初めに購入したクラウドベースのステーキングインフラストラクチャソリューションです。 $を超えると噂されている未公開の金額 百万。 Coinbaseによると、Bison Trailsは非管理プラットフォームであり、クライアントの賭けられた資産を管理しないことを意味します。

Amazon Web Services(AWS)は、かつてシアトルでのAmazonの二次的な考慮事項でした。アマゾンによって。 それにもかかわらず、ほぼデビューしたアマゾンの子会社16数年前は、現在、同社の主要な利益エンジンです。 AWSは$を獲得しました。の年間営業利益は50億$の収益ベースで。30億、または63親会社の合計の%。

関連:NFTはCoinbaseのすべての暗号通貨よりも「大きいか大きい」可能性があるとCEOは言います

Coinbaseの関係者は、できるだけ早く「暗号通貨のアマゾン」になること。 その称賛の大部分は、公開された最初の主要なデジタル通貨ビジネスではなく、史上最高の直接上場を達成したことによるものです。 )。 その結果、その収入の流れは取引手数料に過度に依存しています。

これは、単一のカテゴリの収益集中によって支配される広告申込情報の場合によくあります。 たとえば、FacebookやGoogleは、お金を稼ぐために広告にほぼ完全に依存しています。 したがって、それらの広告申込情報は一般にこの程度の収益集中を持っています。

ただし、市場と全体的な取引量に大きく依存しているため、Coinbaseやその他の取引所は非常に脆弱である可能性があります。 取引量は価格変動と密接に関連しているため、このような依存は、Coinbaseやその他の取引所などの暗号プラットフォームにとって大きな欠点となる可能性があります。

Coinbaseは、より多くのサブスクリプションサービスを提供することで取引収入を増やすことを目指していますこのリスクを軽減するために市場の変動に抵抗します。 たとえば、機関の保管サービス、ステーキングの可能性、ユーザーに報酬として暗号を提供する学習ポータル、eコマースチェックアウトシステム、およびクライアントにVisaデビットカードを発行する機能を提供します。 また、顧客に設定価格で毎月の取引手当を提供するサブスクリプションプランも試しています。

Chatterjeeによると、Bison Trailsの買収は、Coinbaseのより成熟した移行への重要なステップでした。金融システム。 このプラットフォームは、暗号カストディアン、ファンド、分散型アプリ、トークンホルダーをサポートしています。 その顧客の一部はAndreessenHorowitz(a16z)、ニューヨークを拠点とするフィンテック企業Current and Turner Sports。

11月現在2021、Coinbase Cloudには$30そのプラットフォームに賭けられた10億の暗号資産。 最も人気のある暗号通貨プラットフォームの1つであるCoinbaseには、以上のものがあります百万の本物の顧客、10、000組織および185、000以上のエコシステムパートナー100国。 Coinbaseによると、設立以来、$を超える処理されたトランザクションがあります。 十億。

毎週月曜日に配信
購読する
Markets Outlookニュースレター
購読することにより、あなたは私たちの利用規約とプライバシーポリシー

spot_img

More articles

返事を書く

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください

spot_img

Latest article