12.5 C
Tokyo
Friday, October 29, 2021

SECはいわゆるDeFiCompanyに不正とされる3000万ドルの提供を請求-CoinDesk

Must read


米国証券取引委員会(SEC)は、分散型金融(DeFi)の貸し手であるBlockchain Credit Partners(d / b / a DeFi Money Market)として説明したものを請求しました。詐欺の疑いのある提供を通じて30百万ドルを調達した2人のトップエグゼクティブ。

SECによると、この訴訟は、DeFiテクノロジーを使用した証券に関連する最初の事件です。自社のDeFiMoney Market(DMM)を通じた証券– 6。03%の利息と投票権を提供するガバナンストークンを生成したmTokenとDMMの分散型自律組織(DAO)の他の特典– 2月2020から2月10961 。

DMMは分散化されたとされていますが、Keough and Acreeの50/50リーダーシップの分割は、主張を疑問視します。 さらに、SECの命令は、ガバナンストークン保有者が「DMMのコアビジネスを運営する上で役割を果たさなかった」ことを示しています。

ツイートによると)2月9日のDMMのDAOから、同社は12月にSECから召喚状を受け取りました2020。 Blockchain Credit Partnersは、2月に業務を停止し、すべてのmToken保有者がトークンを元本および利息と引き換えることができるトークン引き換えプログラムを設定しました。

SECは、Keough、Acree、およびBlockchainが主張しています。クレジットパートナーは、投資家の資産が自動車ローンなどの収益を生み出す資産を購入してトークン購入の収益を生み出すために使用されると投資家を誤解させ、トークンの変動がこれを不可能にすることに気付いたとき、個人資金と別の会社からの資金を使用しましたmTokensの元本および利息の支払いを行うため。

回答者は、以下を含む停止および停止注文に同意しました。 $03。8百万の解体と$のペナルティ、000KeoughとAcreeの両方。 さらに、KeoughとAcreeは、5年間、デジタル資産セキュリティの提供に参加できなくなります。

UPDATE(8月6日、16: 03 UTC): 全体を通して新しい情報で更新されました。

spot_img

More articles

返事を書く

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください

spot_img

Latest article