8.9 C
Tokyo
Saturday, December 4, 2021

米国の担当者Emmer、Sotoが「送金業者」の指定を明確にする法律を再導入-CoinDesk

Must read

米国のEmmer、Sotoは、「送金業者」の指定を明確にするための法律を再導入しました

米国代表のトムエマー(R-Minn。)とダレンソト(D-Fla。)は、提案された金融活動を緩和するために設計された法律を再導入しましたブロックチェーンの革新を阻害すると彼らが信じているタスクフォース(FATF)のガイダンス。

  • ブロックチェーン規制確実性法は、提案されたガイダンスに「関連する救済」のために再導入されましたアナウンス火曜日
  • 懸念は、ブロックチェーン開発者や鉱夫などのサービスプロバイダーが送金者として登録する必要があることに集中していますが、Emmerは、「消費者資金を決して保管しない」ため、そうではないと考えています。
  • “ブロックチェーンサービスプロバイダーは、米国を開発して投資できるようにするために、道路の明確なルールを必要としています。 FATFがより多くの非管理ブロックチェーン開発者を送金にカプセル化しようとするため、明確さがこれまで以上に必要になりますイオンシステム」と語った。 ソト氏は、議会での最近のインフラ法案の議論を踏まえて、この法案を「非常にタイムリー」と表現しました。 インフラストラクチャ法案の1つの条項は、「ブローカー」の定義を拡張し、内国歳入庁が鉱夫などの非ブローカーエンティティにブローカー情報レポート要件を課そうとする可能性があるという懸念につながります。
  • 法案の再導入は、デジタル商工会議所、コインセンター、およびブロックチェーン協会によってサポートされています。
  • 7月、エマーデジタル資産を証券ではなく商品として扱う別の法案である証券取引委員会法が再導入されました。つまり、スタートアップは暗号通貨を自由に売買できます。それらを証券取引委員会(SEC)に証券として登録することを心配してください。

UPDATE(8月17、16:46 UTC): 5番目の箇条書きの情報で更新されました。

spot_img

More articles

返事を書く

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください

spot_img

Latest article