Ripple Labsと米国証券取引委員会(SEC)との間の訴訟には、RippleCEOのBradGarlinghouseに代わって最近提出された後、主要な暗号交換Binanceが含まれるようになりました。

月曜日にニューヨーク南部地区に提出された裁判所の文書によると、ガーリングハウスの法務チームは「主要な暗号通貨取引所のケイマン諸島に本拠を置く子会社であるBinanceHoldingsLimitedからのケースであり、他の手段では入手できません。 提出書類は、国務省とハーグ条約に関する米国の法律を引用し、ケイマン島の中央当局にバイナンスからの証拠を強制するよう要請書を発行するよう裁判所に求めました。

“氏。 ガーリングハウスは、彼の誠実な信念に基づいて外国の発見を求めています この事件、特にガーリングハウス氏が外国のデジタル資産取引に関して行ったとされるXRPの取引のプロセスに関する独自の文書と情報を所有しています。プラットフォームが実施された」とファイリングは述べた。

具体的には、弁護士は、リップルCEOがより多く売れたというSECからの主張に異議を唱えているようです。 「世界中の」投資家への「世界中の」暗号取引プラットフォーム上の百万XRPトークン。 チームは、1933の証券法のセクション5を引用し、国内販売にのみ適用される違法なXRP販売の申し立てを述べました。と証券のオファー。 Binanceに要求された文書には、その主張を裏付ける証拠が含まれている可能性があります。

「SECが知っているように、Garlinghouse氏のXRPの販売は圧倒的にデジタル資産で行われました。米国外の取引プラットフォーム[…]ガーリングハウス氏が求める発見は、SECが異議を唱えるオファーや販売がこの国では発生せず、SECが発動した法律の対象ではないことを証明することに関連します。この場合。”

関連している: 裁判官は、ETHがセキュリティではないと判断したSEC職員をリップルが解任することを許可します

リクエストはSECが12月にリップルに対して提起した訴訟で、ガーリングハウスと共同創設者のクリス・ラーセンが行っていたと主張しているXRPトークンの販売を伴う「未登録の継続的なデジタル資産証券オファリング」。 リップルの法務チームは以前、XRPはビットコイン(BTC)またはイーサリアム(ETH)—規制機関が証券ではなく商品として分類したもの。

しかし、同社は国内と海外のトークン販売の主張に異議を唱えることで、ギアを切り替えているようです。 ガーリングハウスとラーセンは6月に、米国以外のいくつかの文書を要求するよう国際当局に申し立てる申し立てを提出しました。 Bitstamp、Huobi、Upbitなどのベースの暗号交換。 伝えられるところによると、この訴訟は10月に審理前の証拠開示手続きを終了します15。