14.8 C
Tokyo
Tuesday, December 7, 2021

SenseFinanceが520万ドルを調達して利回り取引をDeFiにもたらす-CoinDesk

Must read


次のSenseプロトコルの背後にある会社であるSense Financeは、RobotVenturesやBainCapitalなどの参加を得て、DragonflyCapitalが主導するシード資金調達ラウンドで520万ドルを調達しました。

プロトコルは、資産を元本と利回りのコンポーネントに分割し、それらを「ゼロ」と「クレーム」としてパッケージ化することにより、分散型金融(DeFi)市場のすべての利回り資産の固定金利と将来の利回り取引を可能にします。」 これらのパッケージにより、ユーザーは固定レートで稼いだり借りたりして、将来の利回りと取引することができます。

Senseの共同創設者兼CEOであるKenton Prescottによると、DeFiの既存の利回り取引ソリューションは次のとおりです。プロトコルの破産や資本のロックアップが発生しやすく、多くの場合、ユーザーフレンドリーではありません。

DeFiが成長し続けるにつれて、ユーザーは単にトークンを売買するだけでなく、チェーン上の金融商品をますます探しています。 ストラクチャード商品デリバティブなどの従来の金融市場の一部の金融商品は繁栄していますが、コンセプトイールドカーブなどはまだ多くの牽引力を獲得していません。

プレスコットは、伝統的な金融の重要なインフラストラクチャと見なされているイールドカーブは、分散型金融市場では十分に検討されておらず、長期的にはDeFiの成熟の鍵であると述べました。

CORRECTION(8月3日、16:09UTC):SenseFinanceはまだプロトコルを開始していません。

spot_img

More articles

返事を書く

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください

spot_img

Latest article