14.8 C
Tokyo
Tuesday, December 7, 2021

カーサはドルコスト平均ビットコイン購入サービスを開始します

Must read

Casaは、ユーザーが自動銀行支払いを介してビットコインを購入し、ユーザーのマルチシグウォレットに直接送信できるようにする製品を発売しています。

ビットコインセキュリティサービスのスタートアップCasaは、ユーザーがビットコインにドルコスト平均法(DCA)を適用できる製品を発売し、銀行の支払いを介してBTCを購入し、ユーザーのマルチシグウォレットに直接送信します。

DCAビットコイン購入ソリューションは多くの取引所で人気が高まっており、投資家は、価格変動へのエクスポージャーをスムーズにし、長期的な投資習慣を促進するために、少量の定期購入を行うオプションを提供しています。

CasaのCEOであるNick Neumanは、「私たちの使命は常にビットコインの自己主権をシンプルにすることでした。これらの新しいサービスは、Casaだけでなく、業界や顧客にとっても大きな飛躍です。」

ただし、この時点まで、業界でより確立された取引所を使用するバイヤーは、そのような戦略で購入したビットコインをマルチシグウォレットに手動で転送する必要がありました。 対照的に、Casaは0。99%の購入手数料を請求します。

サービスにサインアップするインセンティブとして、Casaはすべての有料顧客に定期購入ブーストも提供しています。

「最初の500ユーザーは、今から9月1日までの間に定期的に注文するたびに、さらに5%のブーストを獲得できます」と同社はリリースで述べています。そして彼らは、取引所で保管されているコインが、内部と外部の両方からのハッキングや盗難に対して脆弱であることを認識しています」とNeuman氏は続けました。

Neumanは、次のように結論付けています。 セキュリティとユーザビリティを両立させ、プライバシーとセキュリティを第一に考えた人々に報酬を与えることで、誰もがお金の次の革命に参加しやすくなります。」

spot_img

More articles

返事を書く

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください

spot_img

Latest article