9.8 C
Tokyo
Wednesday, December 8, 2021

暗号交換リキッドが日本のデリバティブライセンスを取得

Must read

日本の暗号通貨取引所Liquidは、その子会社であるQuoine Corporationが日本の規制当局から金融商品取引法に基づくタイプI金融商品ビジネスライセンスを取得したことを発表しました

この承認により、Liquidはプラットフォーム上でデリバティブ取引を開始し、特定の発売日は明らかにされていませんが、小売および機関投資家の両方に投資機会を提供することができます。

年に設立 2014、Liquidはを超える世界最大の暗号通貨取引所の1つです、000顧客と報告された1日あたりの最大取引量は11億ドル611。 このプラットフォームは、Quoine Corporationを介して日本の決済サービス法に基づいて運用されており、シンガポール金融管理局にもライセンスを申請しています。

Liquidの最高執行責任者であるSeth Melamedは、達成の重要性についての考えを共有しました。セクター内の規制:

「タイプ1ライセンスの発行は、Liquidチーム全体による多大な準備とコラボレーションの集大成です。 また、暗号通貨でのデリバティブの取引が、完全な顧客保護と透明性を備えた準拠した方法で実行できることの検証でもあります。」

関連している: ハッキングされたリキッドエクスチェンジは$を受け取りますFTXからのM債務資金調達

今年の8月中旬、Liquidは$

犠牲者でした-その上で百万のセキュリティハック同社はユーザーのウォレットバランスが事件の影響を受けないことを強調することに熱心でしたが、ホットウォレット。

MetaMaskやPhantomなどのホットウォレットは、広く考えられている暗号通貨を保存および取引する方法です。コールドウォレットのオフラインの代替手段よりも侵害の影響を受けやすい。

標的型攻撃の数週間後、取引所は$120-mil FTXの子会社であるFTXTradingからのライオン債務融資投資は、取引所のバランスシートを改善し、日本とシンガポールの管轄区域でのライセンス供与の取り組みをサポートし、資本と流動性の生成を強化し、顧客サポートを提供します。サービス。

毎週月曜日に配信
購読する
法律解読ニュースレター
購読することにより、私たちの利用規約とプライバシーポリシーに同意したことになります
spot_img

More articles

返事を書く

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください

spot_img

Latest article